ALOHAの意味。ココロにAloha spiritを。

677 Views 0 Comment

Alohaについてお伝えしてきていますが

ではAlohaってなんだろうというと
それは目には見えないけれど
大切なココロの在り方のアドバイザーのような存在なのかもしれません。

言葉としての意味は、
単独で、挨拶で使われる”ALOHA”もあり、

こんにちは
ありがとう
さようなら
愛しています
などの
という意味をもっています。

また、他の言葉とつなげて使われることもあります。
例えば、
Aloha kakahiaka (アロハ カカヒカ)とは「おはようございます」
という意味。

そして
Aから始まるひとつひとつのアルファベットにも意味がある。
ハワイ語の名詞は、ひとつの単語に多くの意味を持ち、このALOHAも多くの意味を持っていて。

また
挨拶や愛情表現としての言葉だけではなく、
“ハワイアン・スピリッツ”を象徴するような、深い意味が込められています。

ハワイ語では、秘められた意味や隠された伝説のことを“Kaona(カオナ)”と呼び、
それは”Aloha”にもあります。

Alohaには大きくふたつのKaonaがあり、
ひとつは、
Alohaをふたつの意味に分けて。


ALO:御前に、共存する、経験を分かち合う
HA:神の贈りもの、生命

“神の贈りものの貴方の前にいます”という意味。

つまり、”お互いに神様の前にいる様に純潔でいます”という
神様への誓いの意味があります。

また
HAは、生命=呼吸をすること、生きていること。という意味になります。
HAにはハワイのエネルギー、MANAが込められているのです。
息、呼吸からManaが宿るのです。

ハワイで、信頼する者同士で、鼻と額をくっつけて呼吸を深めるように挨拶する習慣がありますが
ALO=共に HA=呼吸をする。
これは、まさに共に呼吸を深め、Manaを高める、ハワイ独自の挨拶です。

余談ですが、

ハワイ語にはネガティブな言葉はありません。
「嫌い」「憎む」などの言葉はないのです。
HAの中にはネガティブな要素はないということです。

そして、ふたつ目のKaonaは、

A:Akahai アカハイ 思いやり・親切

L:Lokahi ロカヒ 統一・一致

O:Oluolu オルオル 礼儀・賛成

H:Ha’aha’a ハアハア 謙遜・素直な心

A:Ahonui アハヌイ 忍耐

というひとつひとつに意味があり、とても深くこの”Aloha”という言葉にココロの在り方を
教えてくれているのではないでしょうか。

多くのハワイ語の中でもこのAlohaは言霊がとても強いと思われます。
言霊とは、言葉が持つエネルギー。

Alohaという、とても良いエネルギーをもつ言葉をココロにおいて過ごすことは、
自分自身にも良いエネルギーが満たされてきます。
逆に
汚い言葉を使い続けることは、悪いエネルギーが自分のココロで満たされてします。

日本も言霊として、言葉を大切にする文化があります。
「ありがとう。」と心を込めて伝えること。
全ての存在に感謝の気持ちを込めて「ありがとう。」と
伝えることは、自分自身にも感謝していくことになると思います。

綺麗な言葉を使うこと。口に出して自分で自分自身をいいエネルギーで満たしていく。
そしてココロにAlohaを置いておく。

日本ではなかなかAlohaという言葉を口に出すことは少ないかもしれませんが
ココロにいつもAloha Spritを置いておくことで、良いエネルギーで満たされていくはずです。