急がない。急かせない。決めつけない。

500 Views 0 Comment

以前、ハワイの友達に
「ヒカルは、どうしてそんなに急いでいるの?」と聞かれてハッとしたことがあります。
予定に合わせて、秒単位までとはいいませんが、時間単位で動いて、その予定に合わないとイライラしたり、ハラハラドキドキしたり。
そんなペースのまま、ハワイに来て、数日過ぎてからこんな風に言われました。

ここハワイは「ハワイ時間」と言われているくらい島時間がゆるりと流れている。
インターネットが主流になり、時間にスピード感が増しているようにも感じていても
ハワイ時間はいつもゆるりとしている。

あるお店では冬のノースショアに波が上がると、スタッフがだいたい遅刻してくると聞きました。
でもいい波に乗って来るので、そこまでマネージャーも怒らない笑。
不思議ですよね。これが日本ならばクビになる理由にもなりかねない。

じゃあそんなゆるくても仕事自体に支障はないのか。
と思うでしょうが、支障、ないんです。
ハワイ時間はマジカルタイム。
結果オーライ。

でもけして
“だらしない”
“責任感がない”
という決めつけはないんです。

その人がいるからその店はいい雰囲気になっていたり、彼の知識が店の財産だったりもする。

いつから人は時間に追いかけられているのでしょう。
追いかけられるストレスは、そこから出ないと解決できません。
でも実はそのカルマというか、流れを自分自身で作ってしまってるかもしれない。
忙しいは「心を亡くす」と書きますがその通り。

人としての最低限のマナーを守りつつも、もうすこし自分に時間のゆとりを許してあげるのはどうでしょう。
もしかしたら、とても勇気のあることかもしれませんが、
そのゆとりから生まれた時間は新しい価値が産まれるかもしれません。
亀もうさぎよりも遅かったけれど、目標は達成しましたよね。早いから良い。という決めつけではなくて、ここは
すこし時間をかけてみよう。
という勇気を持つことも大事なのかもしれません。

手綱をピンッと張り詰めていたら、馬も前には進みにくいですよね。
すこし緩めて、前に進ませること。

ハワイ時間からいつもそんなことを学んでいます。

今日もたくさんのアロハがみなさんにとどきますように。